Image Image Image Image Image

フロントエンド開発、デザイン、動画制作、編集・執筆ほか、各種制作業務を行うr.c.o.株式会社の企業サイトです。

2019年のテーマ

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.

Albert Einstein

成功した人になるのは難しいことですが、失敗しない人になるのは簡単です。「一度も失敗をしたことがない」という人は、「何も新しいことに挑戦したことがない人」にすぎません。しかし、社会には、ビジネスにはイノベーションが求められています。
2019年のr.c.o.は、失敗を恐れず、新たな分野への研究も惜しまず、さまざまなデジタル表現に挑戦し、実装していきます。

Scroll to Top

To Top

オブジェクトVR制作

写真で360°から確認していただける意味

オブジェクトVRは、被写体を水平方向に360度回転させられる写真コンテンツです。外部協力カメラマンのネットワークがある当社は、2011年からカメラマンとともに新たな写真+ウェブ表現として、この技術に取り組んできました。オンラインストアでのご活用を中心に、会員制ウェブサイトのスペシャルコンテンツや、学習アプリ用コンテンツなど、さまざまな納品実績を持っています。

フリーのCADソフトが一般化するなど、3Dデータも気軽に作れる現在。製品の3Dデータを読み込み、WebGLによって自由自在に製品を確認できるようなコンテンツ表現も、以前に比べると簡単に実現できる時代になりました。また、単に商品のディティールを詳しく訴求したいのであれば、動画コンテンツを作成するという選択肢もございます(どちらも当社は制作可能です)。

しかし、それでもなお、写真によるオブジェクトVRを制作する意味があると考えます。例えばハンドメイドの高級宝飾品を、3Dデータに変換しても魅力的には映りません。動画にしてもフルHD画質では小さな細部の確認は難しいと考えます。

その点、現実に見えるものをそのまま見せるオブジェクトVRであれば、リアルな感触や肌触りが伝わりますし、4K画質にするのも容易です。スマートフォンでもパソコンでも、自由に回転・拡大して”リアルな物体”を確認できる感覚は、他にない体験と考えています。3D及びWebGLの技術が進めば進むほどに、アナログな感触をダイレクトに感じられるオブジェクトVRの存在感は際立つでしょう。

当社は、マルチレゾリューション対応の高解像度オブジェクトVR制作実績も豊富。ウェブのみならず、店頭や展示会場などで、タブレットや大画面タッチパネルに表示し、活用されるクライアント様も増えてまいりました。お気軽にお問い合わせください。

お見積り依頼など
お問い合わせはコチラから

サービス解説及び料金例

オブジェクトVR制作

¥37,700~

撮影/画像処理(簡易)/オーサリング/当社製操作パネルの組み込みまで、一貫してコンテンツ制作を受注可能です。オブジェクトVR制作において最も重要となる写真撮影についても、経験豊富なカメラマンが被写体に合わせたセッティングを構築します。また、制作においては最小でも12枚、最高36枚の写真を使用します。角度の異なるこれらの写真を、1枚1枚別途納品することも可能です。また、上記の単価例は「1点のみ/1レゾリューションのみ」の制作費となります。同じような形の製品を大量に制作するなど、ボリュームが増えれば1点あたりの単価はお安くなるので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

※30cm×30cm未満の物体を撮影した場合の価格。
※映り込みが著しい被写体は、特殊撮影料金が発生。
※HTML5バージョンのみの制作。

オーサリング

onkyo2

¥5,000~

写真撮影はクライアント様で行い、当社はオーサリングのみを担当するということも可能です。オブジェクトVR制作をメニューに加えたい撮影スタジオ様、すでに撮影スタッフが存在する案件などでご利用いただいております。

※オーサリング及び/操作パネルの設置

3DCGでのオブジェクトVR

brWrb1

¥ask

まだ実際の製品にはなっていないものの3Dデータとしては出来上がっているものや、写真よりも3DCG表現を好まれる場合は、WebGLでのオブジェクトVR制作をオススメします。obj/gltfといった形式のデータを読み込んでブラウザ上に描写。あらゆる角度から形を確認可能になります。

※対応ブラウザ:Safari/Chrome/FireFox/Edge(IE11)の最新版
※obj/mtlなど3DCGモデルデータは御支給いただく想定

お見積り依頼など
お問い合わせはコチラから